ジャズを聴きながらデイトレ

勝っておごらず負けて落胆せず/信じたことをとことんやる/ ガンガン攻めてしっかり損切り

カテゴリ: テクニカル

images

今日は、逆張りについて講釈したい。

一般的にはこんなことが言われている。
・トレンドを友とする
・初心者は逆張りが好き
・負け続けたトレーダーが最後に行き着く逆張り

僕が良くお邪魔し、とても役立っているサイト
『先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方』
こんなことを言っている。

gyaku


トレードは、トレンドに従って売買すべき!
逆張りはトレンドに逆行しているから良くない!

まあ、これがこの世界の常識ちゅうかなん中華。
しかし、本当にそうなのだろうか?

常識はたびたび覆されてきた。
コペルニクスやガリレオが出現するまで天動説が常識だった。
コレステロールは、ついこないだまでは悪いヤツ。
運動すると乳酸が溜まる。この乳酸も最近見直されてきた。

囲碁の世界にもあって
10年ほど前なら初心者が打ったら高段者やプロの先生に絶対怒られる打ち方を
AIが打つようになったら、トッププロが真似をするようになった。

このように、それまでの常識が間違い、非常識が正しかった。
なんてことが時々ある。

だいたい、Wボトムやショルダーだって逆張りでしょ。
だから、初心者や負け組みだけじゃなく、みんな使っているのさ、逆張りを。

ただし、値ごろ感だけでエントリーしてはいけない。
「高値から半値になったからそろそろ良いだろう」
って言うのが、初心者が良く考えるコト。
それに、ナンピンはすかんぴん。

そして、損切りを早めにすること。
我慢していると、『どか~ん』と、やられてしまう。
まあこれは、逆張りに限らずどんなときにも言えるのだが。


株やFXには、必ずリバウンドがある。
たとえば強烈な下げだったら、空売りしてた族が買い戻して利益を得る。
下げ止まると逆張り狙いの族が買いに走る。
空売りの買戻しと逆張り派の新規買いでリバウンドが起きる。

このリバウンドをピンポイントで当てることが出来れば
成功、逆張りもあり、ってわけ。

特に今のような上昇相場ではリバウンドは起きやすいからね。
モンダイは、下落相場になったときなんだけど・・・



nk



これは1995年からの日経平均の月足だが
以下のような下落相場があった。
・1996年6月~98年10月(90年バブル崩壊の後遺症)
・2000年4月~03年4月(ITバブル崩壊)
・2007年2月~12年10月(リーマンショック)

つまり、2012年10月以降、下落相場はないわけで。
これ以降に参戦した人は、上昇相場しか知らないわけで。

今後どのようになっていくか?
下落相場の時も逆張りの買いで儲けられれば、あなたは名人です。




クリックしていただければ幸いです。 




デイトレ、2019-11-11にリスタート。
向こう三ヶ月(来年2月10日)まではトントンでいいのだ。
以下、自分への戒めのために書いてます。


株にもBO(バイナリーオプション)がある。
クリック証券なんかがやっている。

bo1
bo2
bo3



low


とまあ、こんな感じ。

が、上記のローリターンの場合、10勝1敗でもマイナスになる。
オッズが1.09倍だから、仮に1枚千円だとすると、勝てば90円の儲け。
10回買っても900円。
しかし、1回でも負けるとマイナス千円。
だから、10勝1敗で100円のマイナス。

競馬や宝くじと同じで、胴元が必ず儲かる仕組み。

”手数料は無料”と、謳っているが、それはオカシイ。(笑っちゃう)
馬券や宝くじを買うのに手数料がかかるか?
オッズのあるものに手数料はない。(含まれている)

これをするなら、”先物ミニ”とか
クリック証券の”CFD;日本225”を
売買するほうが全然いいだろう。

BOとは、零細投資家から小銭を稼ぎ出す戦略なのさ。








でいとれ

あ~あ。
チャンスが無いことはないんだけど、すべて後の祭りなんだよね。
なんで『祭りの後』って言わないんだろ。
今年もあと一日、やるだけのことはやる。

ddd





上昇&出来高急増

eee





クリックしていただければ幸いです。 にほんブログ村 株ブログへ


コメントはお気軽に


デイトレ、向こう三ヶ月(来年2月10日)はトントンでいいのだ。
以下、自分への戒めのために書いてます。

guran

■ 買いポイント

(1) 下向きだった移動平均線が横ばいか上向きになり、株価が移動平均線を上に突き抜けたら買い
→勢いよく突き抜けることが重要。上図のように上抜く前に下値が切り上がっていたらその後上昇の可能性が高い

(2) 上昇している移動平均線を株価が下まわったものの、ふたたび移動平均線を突き抜けて反発したら買い

(3) 上昇している移動平均線の上で、株価が下落したものの、移動平均線に触れずに反発したら買い
→だましが多い

(4) 下降している移動平均線を株価が大幅に下まわり、乖離が大きくなったら買い
→”乖離が大きい”は曖昧


売りは、この間逆。











でいとれ

ん~ん、やりたいことの半分も出来てないな。
どうもドンくさいんだよな。
ただ、少しずつ慣れてきた感はある。

ddd





上昇&出来高急増

eee





クリックしていただければ幸いです。 にほんブログ村 株ブログへ


コメントはお気軽に


デイトレ、向こう三ヶ月(来年2月10日)はトントンでいいのだ。
以下、自分への戒めのために書いてます。


今日は、STOP(損切り点)の設定の仕方について薀蓄をかましてみたい。

何度も言うようにSTOPを設定しておかないと
トータルで勝てるようにはならない。
こつこつドカーンになってしまう。

よほどの長期投資で無い限り、STOPを入れておくべき。
特にデイトレでは絶対条件となる。

で、どこにSTOPを置けばいいのか?
考え方はいろいろあるけど、ごく一般的なのが
『直近押し目』にSTOPを置く方法。

stop



この例で行けば
新規買いした直近押し目にまずSTOPを置く。①

うまいこと上がって行き、
次に押し目を作ったところをSTOPに換える。②

さらに次の押し目をSTOPと置き換える。③
で、そのSTOPに引っかかれば無論、返済となる。


このようにSTOPを動かしていくのが一般的。

STOP移動②にしたときは、買値とほぼ同じなので
悪くても同値撤退という
とても精神的に良い状態になる。

仮に同値撤退となってもそれはそれ。
悔しがってはいけない。

利食いをどこにするかは、また今度。





でいとれ

sss

うまいこと掛かり、うまいこと下がったが
指値設定がテキトーだったのであっという間に返済に。
利食い値は最初テキトーに設定、STOPをしっかり設定して発注。
発注した後に利食い値を良さそうな所に再設定するのが僕のやり方。

何でこんなことするかというと、
指値、利食い値、STOPを設定しているうちに株価がどんどん動いちゃうから。
まあ、新規注文だけしておいて
約定したら、返済の利食い値、STOPを入れればいいんだけど・・・
なんか、それだと慌てちゃう気がするんだよなぁ。

FXのIF-OCOのように、最初に全部設定して発注したいんだよなぁ~。

だいぶ時間がたって思ったが
売りなおせばよかった。
返済した660.9で指してもいいし。
思い出すと60.9から少し戻していたっけ。
その時、これで良かったのかと何もしなかった。
どんくさいね。

その後さらに下がったのでとても悔しい。
まっ、同じ失敗をしなけりゃいいのさ。





上昇&出来高急増
eee






クリックしていただければ幸いです。 にほんブログ村 株ブログへ


コメントはお気軽に


デイトレ、向こう三ヶ月(来年2月10日)はトントンでいいのだ。
以下、自分への戒めのために書いてます。(以前、別のブログに書いた記事から)



今日はゴールデンクロスについてウンチを・・・
じゃなかった、
薀蓄(うんちく)をたれたいと思います。

ゴールデンクロスは有効か?

まず、ゴールデンクロス、デッドクロスを知らない人もいないでしょう。
初心者でも知っている言葉ですね。
しかしながら、活用している人も少ないのではないでしょうか。
僕自身、ビシバシ使ってるわけじゃないし・・・
でも、本当に使えないサインなのか改めて見直してみようと思っているところです。

まず、これをみてください。
2914-1024x463






上図は、JT(2914)の日足です。
ピンクの線が長期移動平均線、緑が短期移動平均線です。
オレンジ丸はゴールデンクロス(以下GC)、青丸はデッドクロス(以下DC)です。
それぞれ成功、そして失敗を記しました。
これでいくと、成功3回、失敗4回。
と、失敗の数のほうが上回っています。

まあ、成功で大きく取れて失敗が小さければ問題ないのですが・・・
他の銘柄で検証してもなかなか嬉しい答えは出ません。
AIにやらせば、教えてくれるんでしょうが・・・

注目したいのは長期移動平均線の向きです。
上向いていれば上昇傾向、下向いていれば下落傾向と言える訳ですから
上向いている時、もしくは平らな時にGCなら信頼性が高まるのではないでしょうか。

上図で行くと成功②です。

DCも同様に長期移動平均線が下向いている時、もしくは平らの時のみ有効にすると
成功①、失敗②、失敗④ になります。
失敗②と④はみてわかるように大きな痛手を食わないでしょう。
うまくすれば薄利かもしれません。

まあ、以上はJTの日足を検証したわけで
多くの場合に当てはまるかどうかはワカリマセン。
しかしながら、長期移動平均線の方向性を加味するのは理にかなっていると思います。
平均線が上向きなら買い、下向きなら売り、
と、トレンドに従っているわけですから。

ゴールデンクロスは方向性を示す

というわけで、GCやDCは方向性だけは示せると思います。
GCの場合、長期移動平均線が上向きか平らで短期移動平均線が下から上抜いたということは、
当然、短期は上向いていることになります。
トレンドは上向きである証拠であり、買い目線になって良いとき(転換点)です。
DCはその逆。

つまり、GCやDCは売り買いのタイミングを教えてくれるものではなく
方向性(転換点)を示すものだと僕は考えています。

kinnounko






でいとれ

ノートレ
う~ん、チャンスが無い訳ではなかったが・・・
来週頑張ろう。









クリックしていただければ幸いです。 にほんブログ村 株ブログへ


コメントはお気軽に

このページのトップヘ